四輪バギーで走ろう 公道OK
四輪バギーの販売店 通販 公道での道交法 免許 税金 保険 Q&A



    

4輪バギー 商品明細



簡単!オンライン査定!

四輪バギー Q&A  4輪

Q. 4輪バギーの運転は難しいですか?
A. いいえ。1~2時間ほど、交通量の少ない道路にて運転走行して頂ければ女性の方や年配の方でも、運転走行できるようになると思います。

Q. 一般公道を走れるのですか?
A. はい。走行可能です。市区町村役場にて第1種原付自転車(ミニカー)にて登録が可能です。

Q. 4輪バギーは免許が必要ですか?
A. 自動車普通免許(AT限定可)が必要です。原付免許やバイク免許では運転走行出来ません。

Q. 何人乗りですか?
A. 1人乗りです。道路交通法により2人以上の乗車・運転・走行は禁止されています。

Q. 高速は走行できますか?
A. 高速道路の走行は道路交通法により出来ません。

Q. ヘルメットの着用は必要ですか?
A. ヘルメットの着用義務はありません。但し、安全確保の為に着用をおすすめします。

Q. 車検はありますか?
A. 車検は必要ありません。

Q. 車庫証明は必要ありますか?
A. 車庫証明は必要ありません。

Q. 年間の税金はどれくらい掛かりますか?
A. 全国の市区町村で若干変動ありますが、年間2,500円前後です。

Q. 保険は必要ですか?
A. 公道走行時には必ず自賠責保険の加入が必要です。任意保険に加入の方は、ファミリーバイク特約が使用できます。

Q. 二段階右折ですか?
A. 普通車(ミニカー)扱いになりますので必要ありません。

※上記は50cc以下の四輪バギーが該当します。

-四輪広告-

Add to Google

四輪バギー取扱店

4輪バギー商品一覧
ポケバイ商品一覧

おすすめ四輪バギー ATV

※在庫切れ等、一覧表示されることがあります。

4輪バギー 公道走行仕様 タイヤ8インチタイプ【グラネットオンラインショップ】
4輪バギー 公道走行仕様 タイヤ8インチタイプ【グラネットオンラインショップ】
4輪バギー 公道走行仕様 タイヤ6インチタイプ【グラネットオンラインショップ】
四輪バギー
四輪バギー
四輪バギー
四輪バギー
四輪バギー?

4輪バギー 相互リンク

リンクモスト  簡単リンク
アクセスアップ.NET   shinibi.jp
情報の内容等については細心の注意を払っておりますが保証するものではありません。また当サイトにおいて発生したいかなる損害に対して管理者は一切の責任を負うものではありません。ご利用者自身の責任において判断をしてください。

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
バイク・四輪車・モータースポーツニュース


サーブは、飲酒運転を防止するための「アルコキー」を開発、実証テストを行うと発表した。アルコキーは、運転前にドライバーの呼気からアルコール濃度を検知するとエンジンがかからない装置。

スウェーデンでは、2005年に発生した衝突死亡事故のうち、飲酒運転が全体のおよそ35%を占めており、依然として深刻な事故を招く要因となっており、サーブは飲酒運転を防止するため、アルコキーの実用化を目指している。

アルコキーを装着した車両では、エンジンを始動するには、ドライバーはまずアルコキーのスイッチを押し、装置が信号音を発するまで3秒ほど吹込み口に息を吹き込む。呼気が装置内の微細なセンサー部を通過するとすぐに、アルコキーの表面にあるライトが緑色か赤色に点灯する。緑色のライトは呼気中のアルコール濃度が許容範囲内であることを示し、アルコキーの無線信号によってイモビライザーが解除され、エンジンの始動と発進が可能となる。

赤色のライトが点灯した場合は、アルコール濃度が許容範囲以上であることを示し、イモビライザーが作動した状態のままとなり、エンジン始動ができない。アルコキーに緑色の信号が表示されてから1分以内にエンジンを始動させないと、再度呼気テストをする必要が生じる。

スウェーデンの企業や公共サービス機関の間では、ドライバーの血中アルコール濃度が許容範囲を超えている場合、確実に運転できないようにするための効果的な手段を求める声が高まっている。アルコキーは、こうしたニーズに対応するもので、アルコキーは、スウェーデン市場で販売されているサーブ『9-5』および『9-3』モデル向けのオプションとして提供される予定だ。

サーブは今後6カ月間、約100台の自動車を対象にテストを実施、サーブの経営陣やタクシー会社や一般ユーザーが参加する予定。現時点でのバッテリーの寿命は、1日5回使用した場合で約12カ月となっている。アルコキーは、呼気の温度を検知するため、例えばアルコールチェックを回避しようとして、風船や足踏みポンプなどから空気を吹き込んでも、通常の人間の呼気とを区別することが可能だ。


レスポンス 参照

スポンサーサイト

TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。